2018年「ゆうゆう自然農学びの場」(新規募集)

2017.9田んぼ.jpg パンフレット2018-001.jpg ヤサイ収穫.jpg

pdfでダウンロードできます。

うゆう自然農園学びの場2018案内.pdf (0.17MB)

2月の学びの場の様子

 

「ゆうゆう自然農学びの場」2018

 

 

 

 山鹿市菊鹿町の中間山地の棚田にある自然豊かな「結熊(ゆうゆう)自然農園」での自然農の学びの場を作ります。自然農の作業を見学しながら学んでもらい、自分の畑を借りてのお野菜づくりの実践もできます。

 

初心者から経験者まで、作業指導や自然農の勉強会を通して、自分のペースで学んでいける「自然農の学びの場」です。

 

 

 

「自然農」とは、耕さない、虫や草を敵にしない、肥料農薬を用いない、自然の理(ことわり)に沿った、奈良県の川口由一さんが提唱している農のあり方です。

 

無農薬で家庭菜園を始めたい方から将来自給自足を目指す人まで、生命(いのち)の農・自然農を一緒に学びませんか?

 

 

 

主催:開催場所:アルモンデ/結熊(ゆうゆう)自然農園 

 

   熊本県山鹿市菊鹿町上永野1744-1 Tel0968-41-6264  マップはこちら

 

   連絡先・問合せ Emailinfo@arumondeyuyu.com 

           Tel.080-5600-2453 西守信二

 

 

 

期間:20182月~20191月(1年間)

 

 

 

開催日:毎月 第三日曜日  930分集合受付 10時スタート

 

※日程が変更になる場合があります。事前にお知らせやフェイスブックでご確認ください。→結熊(ゆうゆう)自然農園イベントのお知らせ

 

 

参加条件:参加申込は不要です。どなたでも参加いただけます。子供さんの参加も可能です。年間を通じて行いますが、単発の月の参加もできます。

 

持参するもの:動きやすい服装、長靴、お弁当、水筒など

 

 

 

【内容】

 

参加費 

 

見学/学び  : 500/毎月(小学生以下 無料) 

 

作業農場: 一区画(約1.5×4m)   2018年募集区画 9区画程度 予定しています。

 

区画を利用される方は、ゆうゆう自然農基金にドネーション(寄付)をお願いします。

 

 

 

スケジュール:  

 

10時~12時  自然農の田畑での実践を見学していただき、質疑応答を行います。畑を借りられている方は、昼食(弁当持参)の後、各自の畑でお野菜づくりの実践ができます。スタッフからの指導やアドバイスも可能です。

 

 

 

 

 

2018年 年間予定

 

2 18日(日)   [ゆうゆう自然農学びの場の説明]1年間のはじまりの月。

          田畑の案内と場所の決定 整地と畝作りなど。お米づくりのスタート。   

         【作業農場の受付開始】

 

3 18日(日)[春野菜の種おろし]

 

整地と畝作り、棚田の整備、畦の補修、ジャガイモの植付けなど。

 

4 15日(日)【お米づくりのスタート】

 

稲の種おろし、サトイモの植付け、夏野菜の種おろしなど。 棚田の整備、水路の整備

 

5 20日(日)

 

 稲の苗床の手入れ、夏野菜の種おろしと手入れ、畦の補修、畦草刈りなど。 水路の整備。

 

6   17日(日)

 

麦刈り、田植え、苗代じまい、畦塗り、ダイズの種おろし、夏野菜の手入れなど。棚田の整備、水路の整備。

 

 7 15日(日)

 

田んぼの草刈り、水管理、畦の補修、夏野菜の手入れなど。

 

8 19日(日)

 

 田んぼの草刈り、水管理、畦の補修、畦草刈り、秋野菜の種おろしなど。

 

9 16日(日)

 

 水管理、秋冬野菜の種おろしなど。

 

 10 21日(日)

 

稲刈り、麦まき、稲木の立て方、冬春野菜、ソラマメの種おろしなど。

 

 11 18日(日)

 

   麦まき、お米の脱穀、籾摺り、エンドウの種おろしなど。

 

[次年度の田畑の継続、卒塾、希望、要望等の受付開始]

 

 12 16日(日) 麦まき、お米の脱穀、籾摺り、稲藁ふり、タマネギの植付けなど。

 

2019 1 20(日)新年の田畑を一巡。収穫祭と新年会。新年度にむけての再確認と抱負。運営会。

 

 

 

 自然の営みの中で、生きる力と知恵を学んでいきます。よろしくお願いします。

 

 

 

201814

 

 アルモンデ/結熊(ゆうゆう)自然農園

 

西守 信二

 

こみどり わこ